育て知的好奇心

Photo 志学塾は、塾であることにこだわっています。
 塾の原点は生徒と講師のコミュニケーション「対話」にあると考えます。私たちは志学塾を進学予備校化しようと考えておりません。将来のために今何をしなければならないか。それを生徒と一緒に考えていきたいと思っています。

リテラシーの重要性
 志学塾では基礎学力「リテラシー」をとても重視しています。この学習の土台をしっかり作り上げることが、将来の飛躍的な学力の向上につながることを多くの塾生が実証してくれています。志学塾が提案している基礎学力とは、教科書程度の簡単な問題のことではありません。読解力や思考力に裏付けされた問題解決能力です。そして、この学力は、なるべく早い時期に養っておくべきです。

詳しくは志学塾友部校のホームページ

お問合せ    受付 13:30 ~21:30(日曜祝日休み)

 0296-70-5122  

メール sato@isj-step.com  

  笠間市東平2-4-3田中ビル2F (常陽銀行友部支店駐車場側)

2015年3月10日 (火)

東京大学 理科二類 現役合格

 
 260pxtoudaiakamon_3

 

 今日来た卒業生は、小学生のときにうちの教室で勉強して中学では部活が有るからいったんはやめて、中3の部活が終わった夏休みから塾に戻ってきました。特に中学では数学が苦手ということで夏休み前の模擬テストでは偏差値57、8でした。しかし夏期講習後めきめきと学力を伸ばし、ついには数学が苦手だったのがうそのように偏差値も71まで上がりました。
 そして,今日、東京大学理系に合格したと報告にきてくれました。3年ぶりにあった彼はとても凛々しい青年に成長していました。この3年間なにもしてない私に発表当日に報告に来てくれるなんて、それも中学校では数学が苦手と言っていた子が理系に進学なんてとてもうれしいことです。
 
 小学生のとき目先の成績を追うのでなく学習の基礎である思考力や読解力をしっかり身に付けておけばそれが必ず後伸びの原動力になるということを保護者の皆さんに言っていることの例を示してくれたような気がしました。

2015年3月 3日 (火)

いよいよ県立高校入学試験

P2280060_2 3月4は県立高校の入学試験です。そのため1月から休み返上で行っていた受験生のための勉強会も今日が最後となります。 すでに私立高や国立高専を第一希望の生徒は合格していますが、受験生全員の志望校合格を祈って縁起物の「勝っ田サンド」を配り健闘をいのりました。

2014年7月17日 (木)

第1回ビスケット・ユーザーズ・カンファレンス

Image1_2

筑波大学東京キャンバスにて実施されたビスケットユーザーズカンファレンス(ビスカン)に参加してきました。水戸でも2009年頃から震災前までは旧水戸生涯学習センターのPC室をお借りして何度かビジュアルプログラミング「Viscuit(ビスケット)」のこどもワークショップを実施しました。

 

それが縁で「Viscuit」を開発した原田博士とおつき合いがあり「Viscuit」を使った学びを提供するNPO法人デジタルポケットの設立からのメンバーにもなっています。

 カンファレンスでは大学、小学校、放課後こども教室、NPO、生涯学習センター、株式会社など多様な団体の「Viscuit」の活用事例の紹介とこどもWSが行われました。
その時の映像はネットで配信されています。

 9月にはいばらき子ども大学の県央キャンパスのプログラムとして実施します。
 それ以外にも県央地区のこども達が体験できる場をつくっていきますのでご期待ください。

カンファレンス後の交換会で湘南工科大学の社会貢献事業(単位授業)としてビスケットWSに学生を送り出している牧先生とお話しすることが出来ました。今、社会の大きな変化に対応して企業や大学の教育観が大きく変わってきています。もと柔軟に変化に対応できる教育が必要と話されていました。それを出口である大学だけで教育するのは大変なことと思います。小学生の入口でも変化が必要ではないでしょうか。
 第1回がこのキャンパスというのも感慨深いですね。かつては東京教育大学だったところです。私も約40年ぶりに来ました。

2014年7月 3日 (木)

浜村渚の計算ノート

講談社文庫から出ている青柳碧人作「浜村渚の計算ノート」シリーズ
 塾の中学生に薦めたところ、けっこう好評でした。
「数学の地位向上のため国民全員を人質とする」。天才数学者・高木源一郎が始めたテロ活動。彼の作った有名教育ソフトで学んだ日本人は予備催眠を受けており、命令次第で殺人の加害者にも被害者にもなりうる。テロに対抗し警視庁が探し出したのは一人の女子中学生という新時代数学ミステリーです。

51vzparwil_sl500_aa300_

作中で渚ちゃんの親友、長谷川千夏が数学テロリストに向かって放つ台詞があります。
「大人たちってどうしてすぐ、教育を自分たちだけのものにしたがるの?」
「どうして、役に立つものと立たないものを、勝手にきめたがるの?」
「私たちだって、大人と一緒に未来を創りたいんだ!」
おや、と青柳碧人をみたら早稲田大学教育学部出身でした。

高校生のための英単語学習法

http://www.isj-step.com/2014/07/02/%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E8%8B%A6%E6%89%8B%E3%81%AA%E9%AB%98%E6%A0%A1%E7%94%9F%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB/

英語苦手な第一の理由が単語を覚えていないこと。

その単語を覚える新しい学習法がこれです。
「英単語を覚えること」は必要不可欠な作業。
しかし、ひたすら暗記する学習法には限界も。
この学習は授業映像および書き込み式の「ボキャブラリーノート」を
連動させることで、効率的に英単語が学習出来ます。   
 受講料は 月4000円(消費税別)
1、高校で学ぶ英単語数は1800語が下限に! 中学英語で履修する英単語数が900語から1200語に増加したのと同様、高校で履修する標準的な英単語数も1300語から1800語に増加。学習指導要領が「下限限定」に変化したことで、実際には1800語以上扱うことも可能になり、多義語も含めれば大幅な増加が考えられます。生徒の負担がますます大きくなる中、より早い時期から英単語学習に取り組むことが、高校英語を学習するうえでますます大切になっています。
2、カリキュラムギャップに気をつけて! 現行課程の高校英語の教科書は、中学で英単語1200語を習得済みであることが前提。しかし、中学の英単語は1200語に増加したのは2012年度から。2014年度の高1生は中1で旧課程の授業を受けているわけで、高校の教科書を難しく感じてしまう生徒も少なくないはず。こうした生徒たちに高校英語を教える第一歩として、まずは英単語の語彙力アップが大切です。
3、大学入試でも英単語がますます重要に! 大学入試で出題される英文の総語数も増えています。現在の入試では、センター試験、難関私大とも4000語レベル。覚えるべき英単語の数は増加しています。いかに効率よく単語を覚えるかが、入試に向けた英語学習で重要になっているといえます。

速読甲子園始まる

今申し込むと1ケ月無料で受講出来ます。

◎◎無料速読体験会実施中◎◎

 参加資格は小学生からシニアまで

小学低学年から始める速読

ただ文章が速く読めるようになるだけでなく、頭を使う学習習慣集中力・判断力を養うことが出来ます。

中学受験・高校受験・大学受験

なんといっても問題処理速度が上がりますので、解答時間に余裕が出ます。

スポーツ速読・シニアの脳トレにも

2014年7月 1日 (火)

いばらき子ども大学

小学4、5,6年生の「大学生」を募集します。

いばらき子ども大学の受付が今日から始まりました。

 

志学塾友部の塾長佐藤です。

私が副代表理事としてかかわっている

認定NPO法人水戸こどもの劇場が

県央キャンパスの事務局を担当します。

 

「いばらき子ども大学」は現役の大学の先生や専門家から、最新技術や情報を聞くことができる、学校の枠をこえた新しいカタチの学びを子どもたちに伝える場所です。

 


お申し込みお問い合せは
 認定NPO法人水戸こどもの劇場
 029-255-0908 10:00より17:00
        (土日祝日休み)
共催
いばらき子ども大学実行委員会

茨城県教育委員会

茨城大学社会連携センター

 

2014年6月14日 (土)

新聞で学力が伸びるわけ(ニュース作文の書き方講座)

P6130036 私が事務局を務める茨城県学習塾協同組合主催の新聞のニュースを使った作文指導の研修会を開きました。講師は朝日学生新聞社新規事業室長 松本宏樹氏

P6130038_3

 テーマは 1、新聞で学力が伸びるわけ
         2、ニュース作文の書き方
   作文の要素は次の4つを書き出す。
 1、何が起きたのか(どんなニュースなのか)
 2、自分が感じたこと、思ったこと
 3、一歩進んでみて分かったこと、考えたこと
 4、自分の意見、提案
 特に、3が重要。感じたこと、思ったことをバネに一歩動いてみると考えるヒントに出会う。その体験を書き出す。
 たとえば、
家族とはなしてみる
「夕食のときにお父さんに○○について聞いてみた。お父さんは△△と話してくれた。そこで…」
自分を振返ってみる
「いままで自分の体験を振返ってみたら、私は○○を△△だったことに気づいた。そこで…」
行動した
「私は○○を△△しようと…を訪ねてみた。そこには…」

2014年6月 9日 (月)

平成26年度茨城県立高校入学者選抜実施状況報告

Image_2



平成26年度茨城県立高校入学者選抜実施状況報告書が茨城教育委員会より出されました。

これによると      五教科平均点293.17   

各教科の平均点は    国語 62.81  満点者1名

            社会 59.44  満点者45名

            数学 53.71  満点者14名

            理科 56.02  満点者31名

            英語 61.19  満点者113名

2014年6月 6日 (金)

頭のいい人は速読が出来る 茂木健一郎氏

Image 新聞×速読「読む力」とは、読売新聞社・ SRJ(日本速脳速読協会)共催の「新聞」を活用した「速読」体験型イベントです。読売新聞を使った速読体験、脳科学者・茂木健一郎氏の講演など、読むことの楽しさ、読むことの意味、「読む力」を感じることのできる一日でした。

 
 このことが教育雑誌の記事になりました。

2014年3月13日 (木)

県立高校全員合格!

今日は県立高校の合格発表の日です

若かりし進学塾講師のころは
合否が心配で一睡もできず円形脱毛症になったことも

しかし今はこれも彼らの一つの通過点と思い
いつもよりちょっと早め出勤して合格の連絡を待っています

最初に電話があったのはI君
「…先生…」間があって...
「受かりました」

彼はある事情で
県立高以外だと高校進学をあきらめなけれならない
希望高校も決まっている
1月に担任より合格は難しいと受験校の変更を促された
しかし
彼は工業高校希望で安全圏の普通科に行っても
受験校を変えたくないと

そこで、まだ時間あるこれか夢中で勉強して
万が一の時は二次募集の県立高校を受験する
ということで保護者様に了解をしてもらた

今年の入試はトップ校受験者は実力の差が
出せないど易しい問題でした

しかし、あまり出来が良くなかったというI君
昨日まで2次対策をしていました

そしてこの電話でした
今晩も勉強しに来ると

その後も直接、合格の報告に来てくれる生徒がいたり



夕方までに合格連絡がなかった生徒には
不合格の可能性があるんで夜こちらから電話をします

昨年も二名連絡なく
夜、電話したところ二名とも合格していて
嬉しくて連絡が遅くなてしまったとのことで
ほっとする
(こちらがどんな気持ちで電話していると思っているか!)

私にとって一年で一番長い一日です

全員 志望校に受かりました!

2014年3月12日 (水)

菊池桃子さんが速読を薦める

3月11日のはなまるマーケットに菊地桃子さんが出演されており、
はなまるアルバムの最初に速解力検定の表彰状の写真を出していらっしゃいました。
お話しも大半が速読のことで、高校2年生の息子さんが速読2段を取得されたとのことや
「普通の読書でも1分間に1653文字読んで、一瞬で本を読んじゃうからお金がかかって困る!」と
いったお話しをされていました!

実際にお子様の効果を実感した親の感想として速読につ いてたくさんお話ししていただき感動です!


2014年3月 4日 (火)

いよいよ県立入試です

午後からは友部の教室で高校受験生最後の授業。授業終了後はひとり一人に勝つ田サンドを渡し「試験に勝つ」エールを送りました。
1794802_615074941914431_1824468857_

2014年3月 3日 (月)

1分間で5040文字

読書速度検定で7名の読書認定が出ました。ただ速く読むだけでなく内容も正確に把握していないと認定されません。そして、中3生で5040文字/分という凄い結果がでました。

一般の方の平均的読書速度は400~600文字/分ですので10倍の速さで読んでいることになります。
P2180030

2014年2月14日 (金)

速読フェスタ始まります。

体験会では、パソコンを使った読書速度計測やトレーニング、右脳を鍛えるゲーム等、お子様に楽しく速読を体験してもらうためのプログラムをご用意しております。
A4_210_297_festaevent

2014年1月31日 (金)

県立入試まで1ケ月

県立入試まで1ケ月
Header_2
学力とは学ぶ力
学びはゴールの見えない長距離走
Long Slow Distance
じっくり学べる環境を提供している
私の教室ですが

受験はゴールのある短距離走
入試まで6ケ月は徐々にペースを上げて
全力疾走
学力の基礎(読む、書く、考える)力の
ついている塾生たちは
受験対策授業で
ぐんぐん得点力も上がります。

残り1ケ月
我々も休み無しで彼らをサポートします!

2014年1月21日 (火)

12月速読認定結果

1609822_591730724248853_996401075_n
12月速読認定結果
読書速度を測定し内容まで把握していないと認定は出ません。
 
アドバンス(中学)クラスで
K君が3589文字/分...
の認定がでました。
トレーニング1年ちょっとで
凄い伸びです。

ちなみに
一般の方の標準速度が
400〜800文字/分です。

2013年10月30日 (水)

速読甲子園2013結果が出ました

Photo_2

7月の第一種目 まだ部活等があり出遅れてしまいましたが
8月から追い上げ三種目は県内1位に、
個人戦では、中3渡邉くんが全国30位
受講生の努力の結果です。

関東ブロック
第一種目   38位  県内5位
第二種目   14位  県内2位
第三種目   15位  県内1位

総合
関東 16位  全国 94位

現在,速読講座 全国1700教室以上

http://www.sokunousokudoku.net/contest/

9月速読認定者

Photo

2013年6月25日 (火)

「いじめ問題」~地域・家庭・学校でできること~

平成25年度現代的課題可決プロジェクト 人権セミナーの
「いじめ問題」解決のためのパネラーとして参加しました。

今、再びいじめ問題に関する深い問い直しと、その解決が求められています。
子どもたちが夢とと希望をもって日々の生活を送ることができる環境を築くためには、
それに向けて地域、家庭、学校、様ような大人たちがアプローチをしていく必要があります。
私たち大人が、子どもたちのためにできることは何か、
パネルディスカッションを通して皆さんと一緒に考えました。
480211_484547018300558_1135645242_2


6458_484547074967219_515660217_n2_2


«受験生を本気にさせる68時間の夏

最近のトラックバック

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ